HOME > Blog

Blog

頑張らなあかん!

今日はチャコットのオープンクラス、西心斎橋のスタジオに行ってきました。

 

新年二週目ですが、今日も久しぶり方々や新しい方が来てくださって沢山の生徒さん。

いつものようにしっかりストレッチやタンジュ、ジュッテいっぱいで、1時間半でクラスをまとめるのは毎回至難の技(^^;;

 

でも最近はやりたいことを少し整理できるようになったと思いますが(^-^)

 

クラスで皆さんがレッスンしている姿見ていたら楽しいし、終わったらワタシが皆さんからパワーいただいたように元気になっています。本当にそれは有難いなと。

 

人生の先輩方が一生懸命チャレンジしてくださっている姿を拝見していると、頑張らなあかん!と思います。

 

さあ、今から帰京して急いで洋舞協の役員会に向かいます。

週末は11月にロームシアターである洋舞協60周年の舞台に向けてのオーディションです。

 

今回、クラシックバレエ作品の振付、そしてオーディションのレッスン、アンシェヌマンを提示することになりました。

色々準備がありますが、大切な事業なのでお役に立てるようしっかりやり遂げたいと思います。

 

夜のクラスまで、一仕事頑張ります!

 


バレエ芸術劇場、照明下見

成人の日、祝日で一般的には土曜日から三連休です。本日スタジオはお休みではなく、通常通りクラスがあります。

 

新年のレッスンスタートから一週間。生徒たちは元気にレッスンに励んでいます。久しぶりでちょっと思い通り動けないところもあるみたいですが、徐々に取り戻してくれたらと思います。

体力づくりに体幹トレーニングや柔軟をたくさんして初心に戻り、楽しくレッスンしています。

 

オープンクラスも、新年からチャコット、スタジオに新しい方々や懐かしい方がいらしてくださり、また嬉しい出会いがありました(^-^)

 

 

昨日は、22日にフェスティバルホールであるバレエ協会の公演の照明下見にお邪魔しました。

今回の演目はコッペリア全幕。ワタシが約30年前この芸術劇場でスワニルダを踊らせていただいた想い出深い作品です。

 

当時は場所が違いましたが、八尾の懐かしいスタジオでお世話になった協会の先生方とご挨拶。舞台監督さん、照明さんはウチの発表会と同じスタッフ。なんと当時一緒に踊っていたフランツもいらして(^^)懐かしい方々ばかり、お会いできて嬉しかったです!

 

昨年も生徒が参加させていただきましたが、今年は初参加の三名。初めてながら良いポジションで踊らせていただいていて、一人は三幕の曙でソロに抜擢されました。広い舞台に一人なかなかの大役です。

長くテクニックが詰まったソロを良く踊っていましたが、何箇所か気になるところもあり終わってからアドバイスしました。

 

戦いの踊りは男性とで少し大変そう。高校生はマズルカ。楽しんで踊っていましたが、もう少し動きを大きくメリハリが欲しいなと。

 

今回は初めての振付家マイレン先生。毎回熱心にご指導いただいているようで有難いです。

スタジオを出て、新しいメンバーとひとつの作品を作り上げるまでに、また多くの事を学んでくれるはずです。

 

スワニルダはチャーミングでしっかりとしたテクニックの持ち主。ピッタリです!

 

マイレン先生、コッペリウスをされるのですが、こちらもとっても素敵でした!

 

フェスティバルホール、オーケストラの演奏で踊る豪華な舞台。

生徒たち緊張すると思いますが、劇場の空気を感じて楽しんで踊ってもらいたいです。

 

楽しみです

 

さあ、今日もスタート。

頑張ります‼︎

 


芸術としてのバレエ

新年早々の慌ただしい日々が一段落して、月曜日からクラスが始まっています。

 

久しぶりの指導で、頭の回転がイマイチでも今年初めてお会いする皆さんと、楽しくクラスを進めさせていただきました。

 

レッスン後、6日のバレエ×オーケストラをご覧いただいた生徒さんたちと、舞台の感想をお話して盛り上がりました(^^)

 

踊ると言うことに対する様々な考え、人を惹きつける踊りとはどういったものか。音楽、照明、衣装が作品に及ぼす影響力など、たくさんのお話ができてとても良い時間でした。

 

ワタシは昔師匠から聞かされていました。踊りにはその人の生き様や考えが、確実に滲み出ていると。踊りは見た目の形だけでなく、観る人は不思議なことに色々見えないものを感じています。それゆえにバレエは芸術なのですね。

 

コンテンポラリーを熟知していないワタシが素晴らしいと思える踊りって不思議な気がしますが、そう感じさせてくれるのが芸術家であり、一流のダンサーだと言うことでしょう。

 

舞台上でダンサーが醸し出すオーラ。誰もがそれを出せるのではなく、踊りに対する思いの強さや精神力、あるいは天性 、限られた人にしかそのオーラは感じられません。

 

 

今回の舞台、直前にお誘いしたバレエの先生方も皆さん大絶賛されていました。

やはりレベルの高いオーケストラと素晴らしい振付、ダンサーたち、一体となった舞台は心に残ります。

 

今、バレエの世界ではコンクールが低年齢化していて、シューズでもヴァリエーション踊る時代です。本当は一流のプリマバレリーナが踊る踊りを小学校低学年が、一年中コンクールのために踊っていたりします。

 

人と競い合うコンクールで切磋琢磨するのも成長するひとつの方法ですが、コンクールでヴァリエーションを踊ることがバレエのすべてみたいな考えはどうかなと思います。

 

今回のようにどれもが一体となった舞台を観ると、改めてバレエは総合芸術だと思いましたし、芸術は人を感動させて幸せな気持ちにしてくれるものだと思いました。

 

困難をも乗り越え人として成長できたら、必ず踊りにそれは反映されています。生徒たちには色々な方法で成長してもらいたいと思いますし、何より芸術としてのバレエが踊れるまで精進して続けて欲しいと切に願います。

 


無事終わりました!

クロスオーバーの舞台が無事終わりました!

 

ウチのスタジオからも3名が参加。なので、たくさんのスタジオの生徒たちが観に来てくれていました。

今まで京都ではあまり経験したことがなかった舞台。どんな風になるのかなと思いましたが、本当に素敵なバレエとオーケストラのコラボレーションでした!

 

お客様もクラシックファンからバレエ関係者、バレエファンまでたくさんの方々。

 

ゲストの若手の力強い踊り、また優雅な舞も素敵でしたが、中村恩恵先生と首藤さんの踊りが心に沁みました...

コンテンポラリーダンスは多種多様で観ていて疲れるものもありますが、今回の作品は音楽、振付、ダンサーの全てが揃っていてレベルが高いと感じました。

やっぱりいいダンサーが踊っていたからだと思いますが、音楽との一体感があり心に響く作品ばかりでした。

 

洋舞協のメンバーも健闘していました。本当にいい経験ができて良かったなぁと思います。

ウチのスタジオの生徒たちも今まで経験したことのないジャンルの踊りに戸惑いながらも、たくさんの事を学んだ機会でした。高校生もプレッシャーを感じていたと思いますが、本番は良く頑張っていて少しの間に成長したなぁと。観ていて嬉しかったです。

 

ワタシも貴重な経験をさせていただき、多くのことを学ばせてもらいました。

恩恵先生、本当に穏やかで素敵な方でした!

 

お正月休みはほとんどありませんでしたが、新年早々、素晴らしい舞台に携わることができて周りの方々にとても感謝しております。

 

2019年、いいスタートが切れました。

応援していただいた方々ありがとうございました。

 

今年も良い年になりそうです(^_^*)

 


さあ本番!

朝からメインホールでダンサー全員でのレッスン。韓国ユニバーサルバレエのディレクターが昨日に引き続きレッスンしてくださっています。

 

ワタシは客席からゲストのダンサーがどんな風にレッスンされているか見て勉強させていただきました。アンシェヌマンはそんなに変わっているわけではなくオーソドックスですが、センターのコンビネーションが少しヒネリがあり新鮮でした!

 

中村恩恵先生から昨日のダメ出しがあり、みんな舞台で軽く動きました。

メイクして準備ができたら、本番までの時間、地下のノースホールにてワタシと洋舞協のメンバーで最後のリハーサルをします。

 

オーケストラの練習も始まり、いよいよ本番が近づいてきました。

ロームシアター京都メインホール。舞台からみる客席がとっても素敵二年前の白鳥の湖に続き今回も裏方でこの舞台に上がっていますが、この劇場の空気感が大好きです!

 

本番は一回きり。

神聖なこの舞台でのみんなの健闘を祈ります。

 

IMG_0244 (002).jpg


IMG_0242 (002).jpg



ゲネプロ

ゲネプロ終了しました!

 

生オケは聞くのも観るのも本当に素晴らしいですが、テンポが若干練習してきた音源と違うので、ダンサーたちが少し戸惑う場面も。

 

初めて聞いた昨日のオーケストラの演奏でわかってはいたものの、やっぱりすぐには処理しきれてなくて、今日もしっくり行かなかったところが何箇所か。先生がリクエストしてくださったのでたぶん明日は上手くいくと思いますが、少しハラハラします(^^;;

 

でも音楽をバレエばかりに合わせるのではなく、これもコラボレーションですからお互いが気持ち良くできるところで折り合いをつけないと、一緒に舞台を創る意味がなくなると思います。

 

今回は一回限りの舞台ですが、ワタシがドイツの劇場に居た時は同じ演目を何日も踊るので指揮者が変わるし、当然テンポも毎回同じではないので苦労しました。でもそれよりもオーケストラと踊る気持ち良さがたまらなく好きでした。ダンサーとしてとても幸せな時間でした...

 

だからテンポが違って当たり前!くらいの気持ちで対処して、みんなも踊ってくれたらと思います。

 

 

舞台で踊るとなると位置関係やテクニックなど気にすることがいっぱい。特にアンサンブルはそれが個人でもパーツの一部にならないといけないこともあるので、まだみんな少し表情が硬く動きも小さい時がありました。

 

明日は素敵な音楽にカラダを委ねて、伸びやかに晴れやかに、大きな舞台で踊れる喜びを感じて踊って欲しいなぁと思います。

 

本番ドキドキしながら客席で見守ります。

 

クロス.jpg


オーケストラとリハーサル

劇場でのリハーサルも四日目となりました。

 

昨日は本番踊るメインホールで、オーケストラとのリハーサル。照明もついて本番さながらの緊張感でした。

 

京響の奏でる音楽の素晴らしいこと!やはりLive の音は心地よく、また迫力があります。

海外のニューイヤーコンサートで聞くポピュラーな演目が多く、新年華やかな催しにピッタリです。

 

海外に居たとき、大晦日や新年はコンサートやオペラなどが長時間あり、街の人たちがたくさん劇場に訪れ、満員の劇場で踊っていたことを思い出します。

 

今回の企画のように、音楽やバレエを愛する人たちや一般の方々が、新年のこの時期に劇場に行って芸術を楽しむ。そんな習慣ができたらどんなに良いかと思います。

 

今回はワルツがテーマとなっていますが、眠れる森の美女のグランやくるみ割り人形のグランなどもあり、美しい華やかなダンサーの皆さんが踊られます。

 

今回の演出、振付の中村恩恵先生も首藤さんと二作品、繊細かつダイナミックなムーブメントで大人の踊りを披露されます。

滑らかな動き、存在感たっぷりで引き込まれます。

 

本当に素敵な舞台なので、たくさんの方々にご覧いただきたいです。

チケットあるかな??ちょっと定かではありませんが、良かったら皆さんいらしてください。

 

 

さあ、今からゲネプロです。

昨日も恩恵先生に前からダメ出しをと言われたので、今日もしっかり見てチェックします。

ダンサーたち、みんなどんどん良くなっているので楽しみです(*^_^*)

 

 


初仕事

昨日2日から、ロームシアター京都でのお仕事がスタートしています。

 

ニューイヤー Gala  バレエ×オーケストラ

初日は衣装合わせと、リハーサル。

東京からいらしたメンバーと初顔合わせ。洋舞協の選抜ダンサーたちも久しぶりのリハーサルながら頑張っていました。

 

ゲストで pas de deux など踊られるダンサーと初対面。リハーサルを拝見しましたが、それはそれは素晴らしい!うっとりして見ていました。

 

本番の舞台は6日。ワタシは今回踊るのではなく、振付に東京から来られていた中村恩恵先生のミストレスとして、洋舞協のメンバーのサポート役です。

本番まで先生はいらっしゃるし心強いですが、

今日からはメインホールで舞台稽古です。

 

昼からバーレッスンとリハーサル。

ワタシも鈍ったカラダを回復させるためにレッスンに参加させていただいています。

 

夜は韓国からのゲストも交え、全参加者が揃います!どんな作品でどんな舞台になるのか本当に楽しみです。

 

京響のオーケストラと共に踊れるなんて、みんな幸せ

羨ましいです!

 

さあ、お仕事頑張ります。

 


2019年 スタート!

明けましておめでとうございます。

 

旧年中は皆さまのおかげで、とても良い年となりました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

大晦日は恒例の同級生宅でのパーティー!

20人近くで毎年集まって年越しをしています。

変わらないメンバーですが、いつもこの日会えるのが楽しみで、今年も盛り上がりました(^-^)

 

新年は家族でのご挨拶のあと、いつものお墓参り。実家、恩師、そして今年は昨年亡くなったお義父さまのお墓へとお参りに行きました。

清々しい気持ちになり新年が迎えられました。

 

そして母に会いに。母は昨年5月に施設に入所しましたが、8月末に突然脳梗塞を発症して入院、もうダメかと思いましたが...現在は少し回復して、今はまた施設に戻ることができました。目はしっかり開いて今にも話せそうなのですが、意思の疎通は難しい状態。でも時間を見つけなるべく顔を見に行っています。

 

毎年、元旦の夜は実家でお鍋を囲んでいましたが、今年は残念ながら母の姿はありません。兄夫婦と私たち夫婦、そして訳あり黒のラブラドールの子犬ちゃんが参加で賑やかな食事でした。

 

1日が終わり、2日から仕事がスタートしています!

なかなかゆっくりできないお正月ですが、今年も充実した毎日を過ごせそうです。

 

どんな一年となることやら(^^)

楽しみに!頑張ります

 

皆さまにとっても輝かしい一年となりますように、お祈りしております。

 


よいお年を!

大晦日、2018年が終わります。

今年もたくさんの方々のおかげで、無事終えられることを感謝いたしております。

 

生徒たちが、年始、春にかけてのコンクールでは一位を含め入賞させていただいたり、夏の発表会、秋のオータムダンスなどの舞台、外部の出演でも活躍してくれました。

 

今いる生徒たち、今来てくださっているオープンクラスの生徒さんたちに何が必要なのか...毎回、向き合っている時間を精一杯過ごして来ました。

 

あっという間の一年。

 

バレエには終わりがないです。歩き続けることしかありません。早歩きできたり、時には疲れて立ち止まってしまうかもしれませんが確実に前に進まないといけないと思っています。

こうありたいと目標を持って進んでいくのも大切、でもなかなかそこに到達できなくても頑張っている過程が有意義なことだと思います。

それが楽しい!と思える事。

 

結果として残すには時には挫折や苦しさも味わうかもしれません。でも続けてそれをいつしか乗り越え達成感を味わうことができます。

 

 

バレエが好きであること!好きで夢中になれることに出会えたこと自分自身感謝しています。

 

生徒たちにも、そう思ってもらいたい!それがワタシの願望です。

 

新しい年も邁進して参ります。

 

一年間、ありがとうございました。

皆さま、よいお年をお迎えください。

 

 

 


1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ