HOME > Manager

Manager

LEDとクロス

スタジオと更衣室の蛍光灯28本を、LED照明に変更しました。

LEDにする事で、
・従来の蛍光灯より寿命が延びる、
・消費電力が少なくなる、
・チラツキが少なく眼に優しい、
・地震等で万が一落ちてきた場合も、強化プラスチックを使用しているので飛散する事が無い、
・発熱量が少なく冷房効果が上がる、
・紫外線を発生しないから虫が寄ってこない、
などの特徴があります。

しかし、現在はかなり高価なものです。

ところが、1本当たり○○○円/月で5年間リースしてくれ、その後はそのまま譲ってくれる会社があるのです。
LEDに変更するには既存の器具の安定器を交換しなければならないのですが、それも無料、工事費も無料です。

スタジオを建ててから約20年。
最初は全然使ってなかったとは言え、そろそろ蛍光灯の寿命が来る頃だと思っていたので、お願いする事にしました。

その会社にとってのメリットは、今のうちにシェアをとっておく事だそうです。


昨年、ホームページをリニューアルし、SEO対策をした事で、検索順位が上がりました。
その為、面倒な勧誘の電話が多くなった事もありますが、
こんな有り難いご提案のご連絡もいただきます。


また、スタジオの皆さんにとっても良いご提案があれば、取り入れていきたいと思います。




それと、27日(火)、28日(水)の休みを利用して、スタジオのクロスを貼り替えました。
吸湿性のあるものにしたので、湿気の多い時に効果が出てくれればと、思っております。




新たな照明とクロスで明るくなったスタジオで、レッスンをお楽しみください。








~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~







外国人日本語検定試験

笑って良いのだろうか・・・

◆外国人日本語検定試験

・問1:「あたかも」を使って短文を作りなさい。
 答:「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。」

・問2:「どんより」を使って短文を作りなさい。
 答:「僕は、うどんよりそばが好きだ。」

・問3:「もし~なら」を使って短文を作りなさい。
 答:「もしもし、奈良県の人ですか?」

・問4:「まさか~ろう」を使って短文を作りなさい。
 答:「まさかりかついだきんたろう。」

・問5:「うってかわって」を使って短文を作りなさい。
 答:「彼は麻薬をうってかわってしまった。」

日本語検定.jpg

ムムム

やっぱり笑ってしまう。








~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~

笑顔の効力

笑顔の効力1.jpg

笑顔に救われる事って、良くあります。

笑顔は、本当にいいですね!








~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~



心に響く話

けいさんのメルマガ「魂が震える話」より

長いので、お時間がある時に・・・
人前では読まない方が良いかも知れません。

「追憶」

何年も前のこと、私はミネソタ州モーリス市にある私立セントーメリー学園で、34人の小学3年生を教えていた。

子どもたちはみな可愛かったが、中でもマーク・エクランドは特に記憶に焼きついている。

ハンサムな上に、いつも楽しくてしかたないといった様子をしていて、いたずらをしたときでさえ思わず楽しくなったものだ。

ただ、マークはひどくおしやべりで、「授業中に勝手にしゃべってはいけません」と、一日に何回も注意しなくてはならなかった。

でも私が驚いたのは、叱られたときのマークの態度だった。

いつもまじめな顔になってこう言うのだった。

「先生、注意してくれてありがとうございます。」

初めてそう言われたときは、どう受けとめたらいいものか戸惑ったが、いつも言われているうちに慣れてしまった。

ある日、午前中の授業で、マークのおしゃべりがあまりひどいので、私はついに我慢できなくなった。

マークをにらむと、教師があまり言うべきではないことを言ってしまった。

「マーク!あと一言でも何か言ったら、その忙しいロにテープを貼ってしまいますよ!」すると10秒もたたないうちに、チャックという子が言いつけた。

「先生、マークがまたおしゃべりしました!」

マークの見張りを頼んだ覚えはないのに...。

でも、もういちどしゃべったら罰を与えるとみんなの前で言ってしまったのだから、そうするほかなかった。

あの朝のことは今でも忘れない。

私は机の引き出しからもったいぶって粘着テープを取り出し、一言も言わずに歩いて行くと、マークの口にテープでバツ印をつけた。

そして、教室の前の自分の席まで戻った。

そこでどんな様子かと目をやると、マークは私にウィンクしてくるではないか!思わず笑い出してしまった。

クラス中がワイワイと大騒ぎする中を、私は彼の机まで戻リ、テープをはがし、肩をすくめた。

すると、開口一番マークは言ったのだった。

「先生、注意してくれてありがとうございました」

その年の終わりに、私は数学教師として同じ学校の中学部に移った。



それから何年かして、私の数学のクラスに再びマークがいるのを見つけた。

彼はますますハンサムになリ、あの誠実な態度は変わらないままだった。

中学三年ともなると、さすがのマークも技業をしっかり聞き始めた。

もう、昔のようなおしゃベりは姿を消していた。

ある金曜日、マークのクラスで数学を教えていると何かがいつもと違っているのに気づいた。

その週に入ってから新しい学習に一生懸命とり組んできたのだが、生徒たちはこれに手こずり、だんだんイライラしてきたのだろう。

お互いにとげとげしくなっているようすだった。

私はこのまま授業を続けるのをやめ、ここで一息いれることにした。

そこで、二枚の紙に自分以外のクラスメート全員の名前を、少し間をおいて書くよう指示した。

そして、一人一人の友だちについて、その人の持っているいいところを考えて書き込んでいくように言った。

結局、授業の残りの時間はこの作業で終わってしまった。

でも、教室を出るとき、チャックは私ににっこりと笑いかけ、マークは「先生、ありがとうございました。よい週末を」と言って、できあがったリストを渡していった。

翌日の土曜日、私は一人一人の子どもについて他のクラスメートが書いたことを、別の紙に書き移していった。

月曜日になってそのリストをそれぞれの生徒たちに渡した。

中には、二ページにわたっているものもある。

もらったリストを読み始めると、子どもたちの顔に笑みが広がっていった。

そしてあちこちからこんな声があがった。

「ほんと?・・・こんなこと書いてもらえるなんて信じられないわ」

「ヘェーッ、僕のあんなとこがいいって言ってくれるのか」

「僕って、結構好かれてたんだな-」

まもなく、生徒たちはリストのことを話題にしなくなった。

生徒たち同士で放課後話し合ったのだろうか?

それとも両親に話したのだろうか?

でも、そんなことはどうでもいいことだった。

みんなが再び元気になり、心の平静を取り戻せたのだから。

生徒たちは私の元から飛び立っていった。



それから何年か経った。

ある日、休暇から戻ると、両親がいつものように空港に迎えにきてくれていた。

車の中で、母がいつものように聞いてきた。

旅行先での天気はどうだったか、どんな経験をしてきたか、とかいった質問だ。

でも、私は両親の態度に何か不自然なものを感じた。

しばらくすると、母が促すように父を構目でちらっと見て言った。

「ほら、父さん。あのこと・・・」父はゴホンとせき払いをした。

「マーク・エクランドの家族から、昨日の夜、電話があったよ」

「本当? ずいぶん久しぷりね。最後に手紙をもらってから、もう何年にもなるわね。マークは元気にしてた?」

父は静かに言った。

「マークはね、ベトナムで戦死したそうだ。葬式は明日だそうだよ・・・・・ご両親がお前にも出席して欲しいって言ってたよ」

それを聞いた瞬間、時間が止まったように感じた。

四九四号線のどこを車で走っていたかさえ、今でもはっきり覚えている。

翌日の葬儀で初めて見る軍の棺には、あのマークが横たわっていた。

じっと目を閉じた彼の顔はとてもハンサムで凛々しかった。

その彼に向かって、私は心の中で叫んでいた。

「マーク、先生に何か言ってちょうだい。世界中の粘着テープを用意して、あなたが話してくれるのを待ってるから。お願い、昔みたいにおしゃべりをしてちょうだい」

教会はマークの友だちでいっばいだった。

チャックの妹が「戦死した兵士を天国へ送る歌」を歌った。

よりによって、この葬式の日に、どうして雨が降らなければならないのだろう?墓地では、さらにその思いが強まった。

牧師のお祈りに続き、軍のしきたりにそって弔いのラッパの音が響き渡った。

一人ずつ棺に聖水を振りかけてお別れをした。

最後に私の番がやってきた。

そこへ、棺の付添いとして立っていた兵士が近寄って来た。

「失礼ですが、マークの数学の先生ですか?」

私は棺を見つめたままうなずいた。

「マークから先生のことはよく聞いています」とだけ言うと、その兵隊は敬礼をして去っていった。

葬儀が終わると、クラスメートたちは会食のためにチャックの家に向かった。

そこでは、マークの両親が、私を待っていた。

「先生にぜひお見せしたいものがあります」と、ポケットから財布を出しながら父親が話しかけてきた。

「マークが死んだ時、身につけていたものです。先生なら、これが何かおわかりになると思います」。

そして財布の中から二つ折りになった紙を、破れないように丁寧に取り出した。

私には、それが何かすぐにわかった。

昔、クラスメート全員がマークのいいところを書き、さらに私が書き写したあのリストだった。

何度も何度もマークが手にとって読んだのだろう。

破れそうになったところを何か所もテープでつなぎ合わせてあった。

マークの母親は、「先生、ありがとうございます。ご覧のとおり、マークはこれを宝物にしていたんです」と話した。

教え子たちがマークの両親と私のまわりに集まってきた。

チャックは、はずかしそうにほは笑み、こう言った。

「先生。僕、例のリストをまだ大事にとっているんですよ。机の一番上の引き出しに入れています」

ジョンの妻もその後をついで言った。

「私たちも結婚記念アルバムに入れています」

 「私もやっばり持ってますよ、先生」とマリリンが続いた。

やがて、ビッキーがハンドバッグから財布を取り出すと、中からすっかり古びて擦り切れた紙が現われた。

それを見せながら、彼女は目を大きく見開きまばたきもしないで言った。

「私も肌身離さず持ち歩いています。あのリストは、みんなにとってそれだけ大事なものだったんです」

その言葉を聞いたときだった。

私はついにこらえきれなくなり、椅子に座り込んで泣き始めた。

死んだマークと、そのマークに二度と会うことのない友人たちのために、涙はとめどもなく流れ続けた。

_______

「こころのチキンスープ」

ヘレン・P・ムロスラ著

(ダイヤモンド社刊:J・キャンフィールド/M・V・ハンセン編者)





「魂が震える話」より
00526431s@merumo.ne.jp
(空メール送信で登録できます)






~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~








お笑いネタ

少し前のネタになりますが・・・


意味、分かりますか?


私は、すぐには分からなかったのですが、理解したら笑ってしまいました。


なんですか.jpg






意味の分からない方
    ↓

    ↓

    ↓

問の最後の 「なんですか?」 の発音を変えてみてください。






洒落で答えを書いていたとしたら、良い感性ですね!






~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~

ヴェラザノ・ナローズ・ブリッジ / Verrazano-Narrows Bridge

「ニューヨーク研修旅行にて」のブルックリン・ブリッジに行った時の話で、
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の思い出のシーンの事を書きましたが、
そのシーンに出てくる橋は、ブルックリン・ブリッジではありませんでした。

正しくは、ヴェラザノ・ナローズ・ブリッジ でした。
Verrazano_bridge_NY.jpg

この橋は、ブルックリンとスタテン・アイランドを結ぶ、アメリカで最長の吊り橋です。
ニューヨークシティマラソンでも、スタートして直ぐにこの橋を渡るそうです。

あの文章を書いてから、懐かしくなって「サタデー・ナイト・フィーバー」を見たら、
ブルックリン・ブリッジと違ったので、焦りました。



間違った情報を載せて、すみませんでした。





ちなみに、「サタデー・ナイト・フィーバー」の違うシーンでは、ブルックリン・ブリッジは出てきますよ。






~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~




京都マラソンを終えて

何とか、完走しました。

大変多くの大会運営の方と、京都市民の皆さまのご協力のお陰で、京都の街で1日遊ばせていただきました。
ありがとうございました。

応援いただいた方、ありがとうございました。
こちらが気付かなかった方もおられた思います。
失礼していたらすみません。

でも、2週連続フルマラソンは、私には無謀でした。
今更ながら、間寛平さんや、てんつくマンさん(32日間連続フルマラソンを走った事がある人)の凄さを感じております。

現在の練習方法ではダメだ、という事を今日のレースでは教えて頂きました。
今シーズンは今日で終わりですが、来シーズンに向けて練習メニューを立てて行きます。
来シーズンも自己新を出さねばならないので・・・





ちなみに、タイムは、3時間47分13秒でした。





~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~

京都マラソン

京都マラソンに出場することにしました。

2週続けてのフルマラソンは初めての経験なので、無理せずゆっくり走るつもりです。

ゼッケンは、A1068 です。
当日は、こんな格好で走る予定です。

京都マラソン 2.jpg沿道で見かけたら、声をかけてください。
それをエネルギーとして頑張ります。

「マネジャー!」「代表!」「久保さん!」「久保ちゃん!」
「美香先生の旦那さん!」(ちょと長いかな)
何でも結構です。




よろしくお願いします。







~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~




New York 研修旅行 スナップ集

HP画像 003.jpg
2月11日(土)、ロックフェラーセンターのスケートリンク。一緒に行った愛弟子の早織ちゃんと。

HP画像 026.jpg
12日(日)、ロウアーマンハッタンの夜景を見ながら食事が出来る The River Cafe にて。

HP画像 032.jpg

HP画像 031.jpg
13日(月)、ミュージカル「CHICAGO」を観に行きました。

HP画像 035.jpg
「CHICAGO」の帰り道、ロックフェラーセンターにて。

HP画像 055.jpg
14日(火)、ステップスの下のスーパー、FAIRWAYにて。

HP画像 056.jpg
14日(火)NYCBを観たリンカーンセンターのデビッド・H・コーク・シアター内にて。

HP画像 057.jpg
デビッド・H・コーク・シアターの前で。

HP画像 064.jpg
15日(水)、グランドセントラル駅のオイスター・バーにて、巨大ロブスターをいただきました。

HP画像 088.jpg
15日(水)、ミュージカル「オペラ座の怪人」を観に行きました。

HP画像 094.jpg
15日(水)、「オペラ座の怪人」の帰り、タイムズスクエアにバットマン現る。

HP画像 097.jpg

New York 研修旅行にて その5.

2月15日(水)。
この日も、地下鉄でBrooklyn Bridge City Hall 駅へ。
ワールド・トレード・センターへ、行きました。

まずは、通りを隔ててハドソンリバー沿いに建つ、ワールド・ファィナンシャル・センターから、再建工事の様子を見ました。HP画像 061.jpg

HP画像 060.jpg
左端に見える大きな建物が、2013年完成予定のフリーダム・タワー。
高さは、アメリカ独立年にちなんだ1776フィート(約541m)。
その右手、茶色の樹木が少し見えている所が、「9/11メモリアル」。



ぐるりと工事現場を回って、「9/11メモリアル」へ行きました。
本来ならネット予約が必要なのですが、この日は入る事が出来ました。
空港並みの厳重なセキュリティーチェックを受けて、公園へ。

HP画像 066.jpg

HP画像 071.jpg
この滝のプールが2つあります。ツインタワーを意味しているそうです。
プールの周りには、亡くなられた方のお名前が刻まれています。
この地だけでなく、ペンタゴンや飛行機の乗員乗客のお名前も。
日本人のお名前も、いくつもありました。身につまされます。
あらためて、ご冥福をお祈りします。




HP画像 069.jpg
公園内から見た建築中のフリーダム・タワー。正式名称は、One World Trade Center。





WTCを後にして地下鉄の駅へ向かう途中に、ニューヨーク最古の教会、トリニティ教会がありました。
映画「ナショナルトレジャー」に出てきましたね。
HP画像 079.jpg
トリニティ教会の後ろ側

HP画像 080.jpg
教会の墓地。ロウアーマンハッタンのど真ん中に、このような墓地があるのに驚きました。



教会の正面の道案内
HP画像 082.jpg
ウォールストリートの西の端が、トリニティ教会なのですね。
ニューヨークで有名な通りが一緒に出ていたので、嬉しくなって思わず写してしまいました。





ニューヨーク研修旅行での私からのご報告は以上です。
短い滞在でしたが、Night Lifeも充実していましたし、ニューヨークを満喫する事が出来ました。


でも、もっと色々な所を見て、色々な体験をしてみたいものです。

年に一度、このような海外研修が出来るよう、これからも精進して参ります。





ニューヨークマラソン出場っていうのも良いかも・・・



~原美香バレエスタジオは、京都のバレエ教室です~


<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ