HOME > Blog > バレエ芸術劇場

Blog

< 6番大吉!!  |  一覧へ戻る  |  日曜日 >

バレエ芸術劇場

立春も過ぎて、ショーウィンドウには春らしいお洋服が並んでいます。

まだこのまま暖かくなるとは思えませんが、なんとなく冬から季節が変わりつつあるのを感じます。

 

3日は一年前に他界した義父の命日でした。

家族でお墓参りに出向き、そのあとは思い出話をしながらの食事。

この一年は早かったようにも感じますが、いつもご夫婦で出掛けることが多かった義母にとっては、激変した日常生活の一年だったと思います。寂しさが消えることはありませんが、今後も周りの家族がサポートしていかないといけないなと思います。

 

 

先週末、バレエ協会主催の公演に行って来ました。バレエ芸術劇場、昨年は三人が参加、そして今年も新しい三人がdébut を果たしました。

 

演目はコッペリア全幕。当日のプログラムで知りましたが、前回ワタシがスワニルダを踊らせていただいて依頼28年ぶりだそうです。

 

今回のコッペリア、スワニルダにピッタリのダンサーが主演されとても素敵でした!ある舞台で指導させていただいたご縁があったり、チャコットのクラスにたまに来てくださることもある馴染みのダンサー。

見た目はキュート、踊りも可憐なところと力強さを兼ね備えた魅力溢れる方です。

 

観客が応援している空気感が感じられ、温かく見守られているなぁと思いました。それは彼女の人柄が周りをそんな気持ちにさせていたのかなと。

踊りって技術だけではなく、そんなことも観ている人に伝わるから不思議です。

 

大勢のお客様、華やかな舞台で見応えがありました。

 

ウチのスタジオの三人も良く頑張っていました。初めての参加ながら主要なポジションで踊らせていただいて、見る方はドキドキハラハラ、本人たちも緊張は隠せないようでしたが、何とかお役目果たしてしっかり踊っていました。

 

指導してくださった先生方や周りのダンサーから、多くのことを学び、成長できる良い機会だったに違いありません。

 

リハーサルがあった八尾までは遠い道のり。大変だったと思いますが、踊る世界が拡がり、次へのステップへと繋がる貴重な経験でした。

またこれからもこんなチャンスを活かして活躍して行って欲しいなぁ思います。

 

 

客席では、当時一緒に舞台を踏んでいた友人たちと同窓会さながらに盛り上がっていました!

苦楽を共にしたみんなとは、久しぶりに会ってもすぐ話が弾みます(*^^*)

 

15年近くお世話になっていたバレエ協会の舞台、愛弟子たちの活躍を観ながら懐かしさと嬉しさで幸せいっぱいの夜でした

 

 

 


コメントする

< 6番大吉!!  |  一覧へ戻る  |  日曜日 >

このページのトップへ