HOME > Blog > バレエ芸術劇場、照明下見

Blog

< 芸術としてのバレエ  |  一覧へ戻る  |  頑張らなあかん! >

バレエ芸術劇場、照明下見

成人の日、祝日で一般的には土曜日から三連休です。本日スタジオはお休みではなく、通常通りクラスがあります。

 

新年のレッスンスタートから一週間。生徒たちは元気にレッスンに励んでいます。久しぶりでちょっと思い通り動けないところもあるみたいですが、徐々に取り戻してくれたらと思います。

体力づくりに体幹トレーニングや柔軟をたくさんして初心に戻り、楽しくレッスンしています。

 

オープンクラスも、新年からチャコット、スタジオに新しい方々や懐かしい方がいらしてくださり、また嬉しい出会いがありました(^-^)

 

 

昨日は、22日にフェスティバルホールであるバレエ協会の公演の照明下見にお邪魔しました。

今回の演目はコッペリア全幕。ワタシが約30年前この芸術劇場でスワニルダを踊らせていただいた想い出深い作品です。

 

当時は場所が違いましたが、八尾の懐かしいスタジオでお世話になった協会の先生方とご挨拶。舞台監督さん、照明さんはウチの発表会と同じスタッフ。なんと当時一緒に踊っていたフランツもいらして(^^)懐かしい方々ばかり、お会いできて嬉しかったです!

 

昨年も生徒が参加させていただきましたが、今年は初参加の三名。初めてながら良いポジションで踊らせていただいていて、一人は三幕の曙でソロに抜擢されました。広い舞台に一人なかなかの大役です。

長くテクニックが詰まったソロを良く踊っていましたが、何箇所か気になるところもあり終わってからアドバイスしました。

 

戦いの踊りは男性とで少し大変そう。高校生はマズルカ。楽しんで踊っていましたが、もう少し動きを大きくメリハリが欲しいなと。

 

今回は初めての振付家マイレン先生。毎回熱心にご指導いただいているようで有難いです。

スタジオを出て、新しいメンバーとひとつの作品を作り上げるまでに、また多くの事を学んでくれるはずです。

 

スワニルダはチャーミングでしっかりとしたテクニックの持ち主。ピッタリです!

 

マイレン先生、コッペリウスをされるのですが、こちらもとっても素敵でした!

 

フェスティバルホール、オーケストラの演奏で踊る豪華な舞台。

生徒たち緊張すると思いますが、劇場の空気を感じて楽しんで踊ってもらいたいです。

 

楽しみです

 

さあ、今日もスタート。

頑張ります‼︎

 


コメントする

< 芸術としてのバレエ  |  一覧へ戻る  |  頑張らなあかん! >

このページのトップへ