HOME > Blog > 無事終わりました!

Blog

< さあ本番!  |  一覧へ戻る  |  芸術としてのバレエ >

無事終わりました!

クロスオーバーの舞台が無事終わりました!

 

ウチのスタジオからも3名が参加。なので、たくさんのスタジオの生徒たちが観に来てくれていました。

今まで京都ではあまり経験したことがなかった舞台。どんな風になるのかなと思いましたが、本当に素敵なバレエとオーケストラのコラボレーションでした!

 

お客様もクラシックファンからバレエ関係者、バレエファンまでたくさんの方々。

 

ゲストの若手の力強い踊り、また優雅な舞も素敵でしたが、中村恩恵先生と首藤さんの踊りが心に沁みました...

コンテンポラリーダンスは多種多様で観ていて疲れるものもありますが、今回の作品は音楽、振付、ダンサーの全てが揃っていてレベルが高いと感じました。

やっぱりいいダンサーが踊っていたからだと思いますが、音楽との一体感があり心に響く作品ばかりでした。

 

洋舞協のメンバーも健闘していました。本当にいい経験ができて良かったなぁと思います。

ウチのスタジオの生徒たちも今まで経験したことのないジャンルの踊りに戸惑いながらも、たくさんの事を学んだ機会でした。高校生もプレッシャーを感じていたと思いますが、本番は良く頑張っていて少しの間に成長したなぁと。観ていて嬉しかったです。

 

ワタシも貴重な経験をさせていただき、多くのことを学ばせてもらいました。

恩恵先生、本当に穏やかで素敵な方でした!

 

お正月休みはほとんどありませんでしたが、新年早々、素晴らしい舞台に携わることができて周りの方々にとても感謝しております。

 

2019年、いいスタートが切れました。

応援していただいた方々ありがとうございました。

 

今年も良い年になりそうです(^_^*)

 


コメントする

< さあ本番!  |  一覧へ戻る  |  芸術としてのバレエ >

このページのトップへ