HOME > Blog > ライモンダ組曲

Blog

< 日曜日  |  一覧へ戻る  |  苦手な... >

ライモンダ組曲

朝夕めっきり寒くなってきました!
10月も終わりが近づいています。

発表会から約一カ月。何だかずっと前のことのように思えます。
今は全京都洋舞協議会主催のオータム・ダンス・フェスティバルのリハーサル真っ只中。
先日の日曜日に照明下見がありました。短い練習期間ながらシニアクラスの生徒たち良く踊っていました。

今回のライモンダ組曲は、以前創った作品とはまた違うカラーで我ながらとても気に入っています。
アントレがあり6曲のヴァリエーションとパ・ド・トロワ、そして華やかなグランドコーダ、20分の作品です。
選んだお衣装が結構斬新でグラデーションも入っていて、とっても綺麗で華やかです!

ある程度のレベルには持っていけましたが、これで満足しているわけではありません。
アンサンブルのところはもっとしっかり揃えたいし、それぞれの踊りも確実にテクニックができるように、ポジションの正確さももう少し。

話は変わりますが、以前からお世話になっているフロアバーの先生が先日発表会の感想を話してくださいました。
生徒たちのポールドブラがとても綺麗でアームスの動き、上半身の使い方がとても美しかったと。
これは本当に嬉しいお言葉でした!
以前から上半身やアームスは踊りを表現する上でとても大切だと思っていますので、そのように感じていただけたこと本当に嬉しかったです。
もしかしてその反面下半身のコントロールはまだまだだったのかも知れませんが...こちらも諦めず強化していきたいですね(^_^*)

普段のレッスンから色々考えてアンシェヌマンを提示しているので、いざ踊りになった時全く別のことをするのではなくて結構カラダに入って行くが早いのかもしれません。
シニアクラスの生徒たちはその辺りリハーサルしやすくて、要求していることを早く理解してくれます。


さあ、あと10日ですが最後まで積み重ねて、自分たちのベストの踊りができるよう頑張ってもらいたいです。
ワタシも最後まで諦めず頑張ります(^-^)

みんな一生懸命ですので、たくさんの方々にご覧いただければ幸いです。
応援よろしくお願いいたします!

ライモンダ.jpg


コメントする

< 日曜日  |  一覧へ戻る  |  苦手な... >

このページのトップへ