HOME > Blog > 潤先生、追悼公演

Blog

< ご褒美  |  一覧へ戻る  |  サプライズ! >

潤先生、追悼公演

昨日まで三連休でした。

祝日はレッスンお休みではないので、昨日も朝から4クラスとコンクールや舞台のリハーサルなど目一杯指導がありました。


この日曜日はヴァリエーションクラスのみ。
お昼からぜひとも行きたい舞台がありました。

石井潤先生の追悼公演です。

三年前に他界されて、もう潤先生の作品は上演されないのかと思っていたので、また拝見できるなんてと楽しみにしていました。

マニフィカトとカルミナブラーナ、どちらも先生の代表作。タイプが違った素晴らしい作品です。
マニフィカトは以前パ・ド・ドゥなど真ん中を踊らせていただき、カルミナブラーナも色々な場面で踊る機会がありました。

先生とは洋舞協の役員を共に務め、メキシコ公演でご一緒したり、レッスンに伺ったり、他の作品もいくつか踊らせていただいたりと想い出がいっぱいあります。
自分が踊っていなくても観に行ってファンになった作品がいくつかあり、またそれらを拝見したいなぁと思うこともありました。

二日間の公演は満員のお客様。
たくさんの方々が潤先生のファンであり、先生の作品を待ちこがれていたに違いありません。
どちらの作品も偉大な振付家のスピリッツが満載で感動の舞台。幸せな時間でした。

カーテンコールに登場された振付家不在のなか先生の代わりに作品を完成された指導者の方々。
よくやられたなぁ凄いなぁと。
舞台上で号泣されていた長女千春さんの姿を見て、思わずワタシも涙してしまいました...


潤先生はこの世に存在されなくても、素晴らしい数々の作品はこれからも生き続けて行くことでしょう。

素敵な舞台、ありがとうございました。






コメントする

< ご褒美  |  一覧へ戻る  |  サプライズ! >

このページのトップへ